脇汗を止めるボトックス注射についての疑問を解消

ボトックス注射で脇汗が抑えられる理由

ボトックス注射は、メスを使わないシワ取りの治療法として美容クリニックでは人気がありますが、実は脇汗やワキガに悩んでいる人にも効果があります。

ボトックス注射は、ボツリヌス菌という細菌が生成する成分を注入し、神経や筋肉の働きを妨げる効果があります。

顔に施術すると、表情筋が動くことでできるシワを目立たせないようにすることができますが、脇に注入すると、発汗をコントロールするアセチルコリンという神経伝達物質の働きを阻害し、汗が出ないように働きかけることができます。

また、脇汗に悩む人は臭いが気になるものですが、ボトックス注射はワキガにも効果があります。

脇には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺というふたつの汗腺があり、エクリン汗腺は発汗量に、そしてアポクリン汗腺は汗のニオイに関係します。ボトックス注射は両方の汗腺の機能を低下させる作用があるため、脇汗とニオイの悩みを軽減してくれます。

ボトックス注射の持続期間

ボトックス注射の持続期間は、半年~1年程度です。体質次第では3ヶ月程度で効果がなくなることもあります。

ボトックス自体の持続期間は半年程度ですが、中にはボトックス注射がきっかけで、その後もずっと脇汗をかかなくなった人も少なくないそうですよ。

どういうことかというと、ほとんどの脇汗の原因が精神性発汗だからです。

脇汗をかくのはどういう時ですか?

緊張やストレスを感じた時ですよね。そして気にしてしまったが最後。止まらないほど脇汗が湧き出てきます。

ボトックス注射が効いてる半年間、脇汗を気にすることがなくなります。すると、脇汗のことなんて忘れてしまうんですね。気にしなければ脇汗が出てくることもありません。上手いこと1回のボトックス注射で完治してしまった人の話もチラホラ聞きます。羨ましいですね。

ボトックス注射の副作用

脇汗に、ボトックス注射を用いての治療を行っているクリニックがあります。2012年11月からは、いくつかの条件がありますが、保険適応となっていますので、ボトックス注射を受けられる方もみられます。

心配される副作用になりますが、国内の臨床試験において144の症例のうち、3例に脇汗は抑えられたものの、首や背中の発汗が増えたという報告と、腕の痛みを感じたという、四肢痛が1例あったということがわかっています。

ボトックス注射治療は、専門医が適正に患者さんに行えば、副作用が起こることはまれになりますので、脇汗に悩まされている方は、豊富な知識や高い技術をもった専門医に相談されてはいかがでしょう。

ボトックス注射にかかる費用

今までのボトックス注射で脇汗を止める施術費用は自由診療ということで保険がきかず、10万円前後支払うケースがおおかったようです。

しかし近頃は3割負担を実施しているクリニックが増え、保険適用で両脇3万円からというところもすくなくないようです。その流れからか保険適用を実施していないクリニックでも両脇5万円からになってきたと聞きます。

継続した効果を得たい場合には定期的にボトックス注射をしなくてはなりませんが、本人の体質によって年に何度施術するかが変わるので、全体の費用もおのずとかわってくると思います。

このページの先頭へ