ミョウバン水の効果、作り方、正しい使い方を解説

どうしてミョウバンで脇汗が抑えられるのか

脇汗が気になる季節には、脇の下にミョウバンを塗りこんで汗や臭いを抑えるために使用する人が増えてきます。制汗剤や消臭デオドラントスプレーが発達する以前から、ミョウバンには脇汗を抑えて臭いを防ぐ効果があるということで、多くの人に使用され続けています。

ではミョウバンが脇汗を抑えるのは、どういうメカニズムとなっているのでしょうか。

ミョウバンには、脇の下にあるアポクリン腺やエクリン腺を引き締める収れん作用があるとされています。それらの汗腺の穴に成分が入り込み、物理的に塞いで発汗を抑制するのです。そのために塗りこむことによって、汗が出にくくなることが実感できるというわけです。

またミョウバンは水分で溶けると酸性に変化する性質があります。そのために、ワキガの主な原因となる細菌の増殖を抑える殺菌効果を発揮するとされており、実際に塗りこむことによって汗の臭いが軽減されます。つまり発汗抑制効果と消臭効果が同時に期待できるのです。

ミョウバンは古代ローマ時代から使われてきた天然のデオドラント

ミョウバンの歴史は古く、古代ローマ時代から、いろいろな用途で使われてきました。

当時は汚れた水に、ミョウバンをいれ、不純物を沈殿させることで、きれいな上澄みを飲用に使うなど、水の浄化をメインに使われてきました。他にも、消火剤や染色剤、防水剤、皮なめし剤、そしてデオドラントにも使用されました。

細菌はアルカリ性を好む性質があるのですが、皮膚の表面に、水で溶かしたミョウバンを塗り、肌を酸性にすることで細菌の繁殖を抑えることができるのです。細菌の増殖を抑えることで、臭いを軽減することもできます。

また、優れた収れん作用があるため、制汗剤としても役立ちました。さらに、臭いそのものを消す効果もあります。特にアンモニアに対する消臭作用に優れていて、脇の下や足の臭い対策などにも効果を発揮します。

古代ローマ時代より長い間使われ続けているミョウバンは、安全で、優れた制汗剤と考えられます。

ミョウバン水の作り方

ミョウバン水の作り方は簡単です。

まず、焼きミョウバンを購入しましょう。スーパーなどのお漬物用品のコーナーやドラッグストアに置いてあります。

この焼きミョウバンを大さじ1.5から2と、この他に空の500mlペットボトル、水道水500mlを用意します。

計量カップなどに焼きミョウバンを入れ、少しずつ水を加えていく方法がありますが、これは溶けるのに時間がかかる焼きミョウバンを確実に溶け切るためです。

忙しい時はペットボトルに水を半分と焼きミョウバンをいれ、ふたをし、思い切り振ってみても良いでしょう。その後、残りの水道水を入れます。

ポイントは水道水を使用すること。塩素が入っていない、ミネラルウォーターや精製水は腐りやすくなります。また、長持ちさせるためにも冷暗所に保管するようにしましょう。

ミョウバン水は汗を抑える効果があり、肌に直接つけることが多いので、1か月を目安に使い切りましょう。

ミョウバン水の使い方

ミョウバン水を作ったら、正しい使い方を押さえておきましょう。

足汗の場合、靴下の上から吹きかけても良いですが、直接足にかけた方が効果を実感できます。もし靴下の臭いを消したい場合は洗濯をした靴下にミョウバン水をうすめたものを浸し絞って干しましょう。

手汗やわきがの場合はミョウバン水を原液でなく、20倍ほどに薄めてスプレーすると肌への負担が少なくて済みます。原液5mlに対し、水は95mlが目安です。

スプレーした後はそのままでも良いですが、タオルでそっと拭いても構いません。

わきがや足汗の臭いは独特なので、なかなか効果が現れないこともありますし、敏感肌の方の場合はさらに薄める必要があります。自分の肌と相談しながら使用するようにします。

このページの先頭へ