汗ジミが目立つ服を着なければいけない時の対処法

汗ジミというと夏と思う人も多いと思いますが、実はこれは一年中つきまとう厄介なものです。汗ジミを気にして淡い色や濡れた場所が目立つ色合いの服を警戒してしまうと、いつも決まった色の服を選びがち。

それもいやですがもっと大変なのは制服があってそれしか選べない環境にある場合です。

こればかりは汗ジミが目立つからという理由で違うものを着る訳にもいきません。せっかく着た制服の背中や胸元・脇に汗ジミ・・泣きたくなりますよね。

これらを軽減させるために制汗スプレーなどもありますが、それだけでは不安だし物足りない!というあなたに、汗取りインナーはいかがでしょうか。いつもの制服の下に一枚着こむだけでだいぶ違います。

これからの季節、一枚多く着るなんて余計暑くなって汗も出るのでは?と不安に思うことはありません。実は汗取りインナーを着た時の方が、何も着ていないときよりも体温が上がらないという研究結果があるのです。

また、生地は綿100%のものから汗を吸うと体を冷やしてくれる素材のものまで幅広くあります。今までの悩みを嘘のように解決してくれること間違いなしです。

制服の下に汗取りインナーを着るだけの対策でお悩み解決。今まで試したことのない方にも抵抗なくチャレンジできるのではないでしょうか。

汗ジミが目立たない服の色や素材

夏になると暑さが増し、自然と汗が出てきてしまいます。汗が出るのは健康的なことですが、気になるのが汗ジミでしょう。特に女性であれば、ワキや背中が汗ジミが出来てしまって恥ずかしい思いをした方もいるかと言えます。

実は、汗ジミが出来る衣服には目立つ色と目立たない色があります。例えば、明るい色よりも暗い色の方が目立ちにくいとされており、ネイビーや黒などは特に目立ちにくいと言えます。また、ボーダーなどのように細かい柄がついている衣服も汗ジミが目立たないとされています。

逆に良く目立つのが、グレーや光沢のある衣服だとされます。

ほかにも、衣類の素材にも注意しましょう。吸水性や速乾性のある素材だと、汗ジミが目立たないと言えます。綿や麻は脇汗がにじみにくいですが、綿素材は速乾性があまり無いので、もしも着用する際には気を付けた方が良いです。

ほかにも、薄手のニットやメッシュ素材などは通気性が良いので、汗ジミが気になる人には最適な素材とされます。

また、汗が衣服につきにくい素材の衣類を探してみるのも良いでしょう。汗ジミは上半身だけに出来るわけではないので、特に長いパンツを履く機会の多い男性はパンツの素材にも注意することが重要です。

どうしてもグレーの服が着たい!

汗ばむ時期になってくると気になるのは脇汗です。自分で止めることもできないので、知らず知らずのうちに脇の部分に大きく汗染みをつくってしまい、恥ずかしい思いをすることもあります。

また、汗染みには分かりやすい色の洋服があります。白やパステルカラーなどは分かりづらい色になっていますが、ハッキリした色合いの服は分かりやすく、特にグレーの場合は汗染みが黒く見えてしまうのですぐに周りに脇汗がバレてしまいます。

しかし、シーンに応じてはどうしてもグレーの服を着たい場合があります。そんな時の脇汗対処法は脇汗インナーと撥水スプレーです。

最近は脇部分に脇汗パッドの入ったインナーがあります。これを服の下に着ることで、ひどい脇汗も吸収して逃がさないので服に汗染みをつくることを防げます。また、同時に服の脇部分の内側に撥水スプレーをしておくと、さらに汗染みを予防できます。

たとえ脇汗パッドでカバーできなかった部位が汗ばんでも撥水スプレーをしておけば、汗をはじいて染みをつくらないので服も黒くならずに済みます。

このように脇汗が気になる際にグレーの服が着たくなった場合の汗染み予防には、専用の脇汗インナーと撥水スプレーで対処できます。

このページの先頭へ