脇汗によるシャツの黄ばみの洗濯方法

脇汗で服が黄ばむ原因

汗は汗腺から出てきます。ただ汗腺によって出てくる汗の状態などが違っており、例えばさらさらとした無色無臭の汗を出すのがエクリン腺です。全身にある汗腺の事で、この場合は放置しておくと雑菌の繁殖が起きてしまう事は有りますがそれ程神経質になる必要はありません。

脇汗の場合はエクリン腺ではなく、アポクリン腺と言う事になります。この場合は水分だけでなくアンモニア・脂質・タンパク質等が含まれています。またそれだけでなく黄ばみの原因となってしまうリポフスチンが出てしまう為、その汗が付着した部分をそのままに放置しておくとどうしても黄ばんでしまう事が少なくありません。

また汗の状態によっても黄ばみ具合も変化し、汗腺の機能が低下しているとエクリン腺から出てくる汗にもミネラル分等が多く含まれるようになってしまい、今までは無色だったはずですが通常の状態に比べると色が濃くなってしまいます。

脇汗による黄ばみの原因は、アポクリン腺から出る汗と、ミネラル分等が多くなってしまった汗の2つが大きく影響しています。

黄ばみを落とす洗濯の仕方

汗はエクリン腺かアポクリン腺から分泌されます。エクリン腺から出る汗は無色透明ですから、衣服や下着についてもシミや黄ばみにはなりません。しかし、アポクリン腺から出る脇汗にはリポフスチンという黄ばみの元となる色素成分が含まれています。

アポクリン腺は脇をはじめとして一部の場所にしか存在していませんから、衣服や下着全体が黄色くなったりすることはないのですね。

脇汗の黄ばみは男性の方が良くなりやすい現象です。女性と比較して、脇毛をそのまま生やしているので、汗をかいた時に蒸れやすいので、雑菌が増殖しやすいからです。シャツなどを洗って汚れを取ろうとしても、普通に洗っていては黄ばみはあまり落ちません。でも、重曹を使えばきれいに落とせるようになります。重曹は色々な落ちにくい汚れを落とすときに活躍していますね。

重曹を使った黄ばみの落とし方ですが、まず黄ばんでいる所に重曹をもみ込むようにします。充分もみ込んだら、40度くらいのお湯の中に衣服や下着などを入れて、そこに酸素系漂白剤を流し込んで一晩浸しておきます。一晩経過したら、浸してある液体もセットにして洗濯機の中に入れて洗うだけで、きれいに黄ばみが消えてピカピカになりますよ。

リネンやシルク素材の黄ばみの落とし方

脇汗が付着すると、リネンやシルクが黄ばんでしまうという事があります。では、どうすればそうした付着してしまった黄ばみを落とす事が出来るでしょうか。

まず一つは、取り扱い表示を見るという事です。ここで手洗いが可能と言う事になっている場合は、自宅できれいにする事が出来ます。ここで手洗い等が不可と言う表示になっている場合はクリーニングに出す方が無難です。

自宅できれいにする場合は、リネンやシルクの場合は水洗い可能となっている物は漂白剤を使ってきれいにする事になります。この時に利用するのは酸素系の物です。ただ実際には濃い液を直接付けてしまうと生地にダメージを与えてしまう事があるので注意が必要です。まずは目立たないところで使ってみて、布地に影響がないと分かってから利用します。

また黄ばみと言うと重曹を使う方が良いという風に思う人がいますが、これはシルクなどではない場合の対処法となります。

重曹自体はアルカリ性の物となっているため、シルクに使ってしまうと生地を傷めてしまいます。綺麗に黄ばみを取り除く為にも、生地の種類に合っている物を利用して黄ばみを取り除く事が必要です。またその時は出来るだけこまめに布の状態を見ておく方がより安全です。

このページの先頭へ