制汗剤で汗腺を塞いでも大丈夫なの?

夏場に汗や臭いが気になってくると使用されるのが制汗剤です。

制汗剤には、汗を抑えるタイプと殺菌するタイプのものがあります。いずれも汗腺(汗の出てくる毛穴)に蓋をする作用を持ちます。

脇臭は汗と皮脂が混ざり合って殺菌が繁殖して臭いの元となるため、汗の分泌が抑えられれば臭いを断つことができると思われますが、一概ではありません。汗の量が多くない人はそれでも効果は感じられるでしょうが、汗が多い人は汗腺に蓋をしても汗が漏れ出てきてしまいますし、かゆみや黒ずみなどのトラブルも招くことがあります。

また、汗腺をふさぐということは外に出すべき老廃物をとどめてしまうことにもなるので、人によっては体臭がキツクなるというケースもあるようです。

重度の人は殺菌作用の強いクリームタイプ、中度の人は殺菌作用のあるスプレータイプ、軽度の人は植物エキス配合のウェットティシュというように自分の体臭のレベルにあった制汗剤を選ぶようにしましょう。

制汗剤で汗腺を塞いだ場合、その汗はどこに行く?

制汗剤には汗腺をふさぐ作用があります。つまり、汗を止めることにより体臭対策をするというアイテムですが、しかし制汗剤でふさいでしまった汗はどこへ行くのでしょうか。

行き場をなくした汗は他の部位から出てくるようになります。他の部位から出てくるなら心配ないと思うかもしれませんが、それがうまくいかない場合は汗を出すことによる体温調節ができなくなる可能性があり、汗の量が多い人は手の平などに多量に流れ出てくるようになります。これでは根本的な解決にはならないでしょう。

また、汗と一緒に体外に排出される毒素もとどめてしまうため、いずれにしても多用すると良い影響は与えません。

ただ、制汗剤は悪いものではないので、どのようなタイプがあるのか確認して自分の体臭に合ったタイプを選んで使用するのがいいでしょう。いずれにしても多用し過ぎるのはよくありませんので、ふき取るなど汗腺をふさがない方法で小まめにケアしていくことも大切です。

制汗剤を使ったときの肌ダメージ

制汗剤は毎日使用するものなので、肌には優しく作られています。ただ、人によっては肌トラブルが生じることはあるので、敏感肌や乾燥肌の方は注意して使いましょう。

どんなスキンケア用品にも言えることですが、必ず相性の問題はあります。無添加石鹸なら安全だと思われるでしょうが、まったく肌に合わないという方もいるのです。低刺激だから安全とも言い切れないので、相性を確かめるには使ってみるしかありません。

2~3週間使用して問題がなければ、肌に合っていると考えていいでしょう。途中で急に合わなくなった場合は、肌質が変化した可能性があります。

肌状態は生涯において安定しているわけではなく、弱くなってしまう時期もあります。制汗剤が原因の肌荒れだと感じたら、しばらく使用を中止してみましょう。

制汗剤は男性向けと女性向けがありますが、刺激の弱いのは女性向けの商品です。メントール系の爽快感のない制汗剤のほうが、一般的に刺激性は弱いものです。

制汗剤で肌トラブルが起きてしまったた場合の対処法

汗を抑えるために多くの人が使用している制汗剤ですが、あまりにも多用しすぎると実は肌トラブルが起こることもあります。

これは制汗剤に含まれている塩化アルミニウムや防腐剤、溶解剤などがアレルギーを引き起こしてしまうことが原因とされます。

出来るだけ人体に害のない量の成分を使っているものがほとんどですが、敏感肌の人やアレルギー体質の人が使うと肌トラブルを発症させてしまうことがあります。

対処法としては、無添加の制汗剤を使うことや、使用したあとはしっかりと洗い落すことも重要です。また、スプレーやパウダータイプのものではなく、ロールオンやクリームタイプの制汗剤を使用することをおすすめします。

それでも肌トラブルが起こるようであれば、皮膚科などに行き、きちんと診療してもらうことが大切です。病院では汗を抑えたり、止めたりするための手術や注射などの施術も行なってくれるので、どうしても気になる方は施術を受けた方が便利で過ごしやすいと言えます。

このページの先頭へ