片方の脇だけ大量に脇汗をかいてしまう原因は?

脇汗の量が多いことで、周りの人たちの目が気になってしまうという方がいることでしょう。その脇汗が、片方の脇に集中して大量の汗がでるという方もみられます。

どちらか片方の脇から、大量に汗がでる原因として考えられることには、アポクリン汗腺が片方に多く存在していることがあげられます。

一般的には、利き腕となる側に、多くのアポクリン汗腺があることがわかっていますので、そのアポクリン汗腺が多い脇から大量に汗がでるとされています。普段から、利き腕の方がより動かしていることが多いものですから、血行が良くアポクリン汗腺が発達しやすい状況にあるようです。

また、エクリン汗腺も利き腕となる脇に多いといわれていますので、汗が出る量にも違いがみられるといいます。

利き腕となる方は、知らず知らずのうちにより動かしていることで、一方よりも発達しているといわれていますので、脇汗が出る汗腺も成長し、片方の脇から大量に汗がでるようです。

片方の脇だけ臭う。これってわきが?

脇の片方だけ臭うという事は決して珍しくありません。抑々人は利き腕の方に多くのアポクリン腺があるので、どうしても利き腕側の方が臭う事になってしまいます。これは、利き腕の方が良く動かして利用する事が関係しており、アポクリン腺の成長に差が出てしまう事がその理由となっています。

また、そもそも汗をかく量等も違うし、その人の姿勢によって脇を片方だけ閉じているという事もあります。その為、どうしても右と左とで発汗量に差が出たり、蒸れ方にも違いが出てきてしまう事は多く起きている現象です。

勿論一般的に生理的な発汗に関しては左右差等は殆どないため、多くの人は片方だけが強く臭うという事はまず有りません。しかし右だけ臭い気がする、左だけ臭い気がするという感じに片方だけ意識するとどうしてもそちら側の発汗量が多くなってしまう事は有ります。

ただわきがの原因となるアポクリン腺に関しては左右どちらにも存在しています。片方だけ臭うという時は、ただ汗をかいているだけでわきがではない可能性の方が高いと言って良いでしょう。

このページの先頭へ