寒いのに脇汗が出る・・・どうして?

寒い時でも脇汗が出るのは、精神性発汗と言われるものです。緊張やストレス、不安などが原因で汗をかいてしまうもので、自律神経が活発になったことで汗腺を刺激して汗が分泌されてしまいます。

精神性発汗はほとんどの人にあるものですが、神経質な人や他人の言動が気になる人に起こりやすいと言われています。汗が出てしまうことを気にしていると「また汗をかくんじゃないか」「ひどくなるんじゃないか」という思いがさらにストレスになって汗が出てしまうこともあります。

また、脇汗は他の部位から出る汗とは違いアポクリン汗腺という汗腺から分泌されるたんぱく質や脂質を含んだ汗です。放っておくと脇に住んでいる雑菌がたんぱく質などを分解するときに匂いが生じ、わきがの原因ともなってしまいます。

精神的なストレスや緊張を改善することができれば、精神性発汗は抑制されると言われています。他の病気が潜んでいる可能性もあるため、病院で相談してみるのも良いでしょう。

暑いときに出る脇汗と寒いときに出る脇汗の違いって?

脇汗は誰でもかく物です。ただ、どのような環境に置いて汗をかくのか、それによって発汗の種類は違ってくる為、その違いを理解しておく事は重要です。

まず、暑い時に汗をかく野が温熱性発汗です。高い温度の状況下にいる時に発汗する事を言い、ワキだけでなく額や他の部分から沢山の汗が出てくる事も珍しくありません。

しかし寒い時にも汗が出てくる事があります。低い温度の状況下にいる時の発汗の事を、精神性発汗と言います。暑いときとは汗をかくシステム自体が違っており、実際には緊張してしまったりする時等に多くなるものです。

また、温熱性発汗の場合は両方の脇から脇汗が出てくる事が多いのですが、精神性発汗の場合は片方の脇だけ汗をかくという事も珍しくありません。自分が気にするかどうか、自分の意識が働いているかどうかと言う事も温熱性発汗、精神性発汗の違いだと言う事もできます。

ただどちらの場合もそのまま放置しておくと臭いの原因となってしまう場合も多い為、出来るだけふき取る等をして衛生的にしておく事が重要です。

精神性発汗は病気なの?原因は?

脇汗には、精神性発汗と温熱性発汗があるといわれています。精神性発汗の場合は、自身が緊張を感じた時や、本人が意識をしていなくても緊張を感じてしまい、脇汗が多くでる状態をいいます。汗が出ることを予想するという予期不安の心理が働いて、汗が出るほど不安が大きくなり、さらに多量の汗がでるという悪循環につながるといわれています。

精神性発汗の原因は、緊張や不安、精神的ストレスや恐怖、興奮などで、自然に汗が出てしまうと考えられています。緊張することで心拍数が上がり、血圧や血管に変化がおきます。そうしますと、偏桃体に伝わりストレスホルモンが出て、アドレナリンが分泌され、自律神経の中の交感神経が刺激されて汗が出ることになります。

精神性発汗は、クリニックで治療を受けることができますので、相談されるのもいいでしょう。自律神経も深くかかわっていますので、バランスを整えて生活スタイルを見直してみることも大切になるでしょう。

寒いときの脇汗は暑いときより臭くなる理由は?

人は暑い時だけでなく寒い時にも汗をかきます。特にその傾向が顕著なのが脇で、暑くもないのに脇汗をかいてしまった経験がある人は少なくありません。ただ同じ様にかく汗ですが、実際には全く種類が違っています。

暑いときにかく汗の事を温熱性発汗と言います。この場合は暑いので汗が出てくるという事になり、じわじわとにじんでくる事も少なくありません。

反対に寒い時の汗は精神性発汗と言う物です。本来汗をかくような気候ではないのに脇に大量の汗をかいてしまう状態の事を言い、温熱性の物に比べると一気に出てしまうというのが大きな時腸です。

精神性発汗には心が大きく影響していますが、実は温熱性発汗とは汗の質が少々違っており、暑いときの汗よりも血漿成分を多く含んでいます。尿素やアンモニア等も多く含まれている為、暑いときにかく汗に比べるとはるかにベタベタとしているし、それだけでなくニオイ成分が多く含まれている為どうしても臭くなってしまいがちなのです。

このページの先頭へ